2006/10/16

24シーズンⅠ完結

金曜日、21時すぎに駅で彼氏と待ち合わせ。

おうちでDVD鑑賞会スタート!ついに24シーズンⅠ完結させました(*´ェ`*)

(ちょっとネタバレかも!注意です)

21:00あたり

うち「ぜーーーったい○○があやしいって!!」

彼氏「いや、△△だから!見ろ!今怪しげにズームアップされたぞ・・」

うち「た、たしかに・・・くっ、あのハゲ・・」

21:00終わりあたり

うち・彼氏「おーまーえーかぁーーーーー!!((((;゚Д゚))) 」

思わぬ裏切り者に、とりあえず大絶叫しました。

すごいバッドエンドやったなぁ・・・でもむっちゃおもしろかった。

それだけは言えますぜ(ノ∀`*)

で、全部見終わったらいつのまにか2時。

彼氏「腹減った~パスタ作ってぇ('-'*)」

うち「無理。眠い。寝よ。(きっぱり)」

ごめんよ、眠さには勝てにゃいよ・・・

| | コメント (0)

2006/10/05

涙そうそう

今、「涙そうそう」という映画が公開中です。

歌手の森山良子が他界した兄を想い作詞した、「涙(なだ)そうそう」の世界観をモチーフに映画化した愛の物語。『いま、会いにゆきます』の土井裕泰監督が『春の雪』の妻夫木聡と『ラフ ROUGH』の長澤まさみをダブル主演に迎え、幼くして親を亡くした兄と血の繋がらない妹が、沖縄を舞台におりなす、切なくも美しい愛を映し出す。流れる普遍的な愛のテーマと心に響く主題歌、主演ふたりのさわやかな演技に思わず涙がこぼれ落ちる感動作。(シネマトゥデイ)

ということですが・・・。とにかく見に行った友人たちの評判がすごぶる良い!!(=゜ω゜)私が今もっとも見たい映画っす。妻夫木くんかっこいいんやもん(はぁと)。今日は授業がなかったので、彼氏に「見に行こうYO!(妻夫木くんかっこいい~はぁと)」と誘いましたがあえなく却下・・・。結局いつものように家でTSUTAYAでレンタルしてきた24の続きを見ることに。これから渋谷へ行って夕ご飯を食べますが、最近もっぱらインドアなデートしかしとらんがね!とつっこみを入れたくなる感じです。でもまぁ24のシーズンⅠも終盤に立ち入り、残すのはたった5話!つまりあと5時間分(正確には225分)これは家にこもって見るしかない・・・でもあと5話って、最初の24を巨大な相手として考えていた頃から考えればまじ少ないです、あっというまです((((゚Д゚)))いやぁ、24時間ってあっというまなんやねぇ(ん?)。彼氏はこのシーズン1が見終わったら、次はシーズンⅡかプリズンブレイクを見ようと言っておる。

・・・またDVD?

涙そうそうはいつ見れるんやろうか・・・妻夫木くーん(´;ω;`)笑

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/10/02

最近はまってるもの『24』

Murauchi2_1918_105177249

最近、「今さら~?」って感じですが、彼氏と一緒に24にはまってます。これまで何度も見たほうがいい、と勧められてきたのですが、どうも24時間もDVDを見る気にはなれず、放置していました。しかし、先日インターンシップ先の先輩がお昼休みにラーメン屋さんで餃子を口に詰め込みながら、そのおもしろさを熱く、熱く語っていたのがいつになく印象に残り、重い腰を上げて見てみることにしたのです(=゜ω゜)

結果、近頃の私は何かと「ジャック・バウアァァー(`Д´)」と叫び散らかす始末。壁の物陰に隠れては、彼氏と銃撃戦を繰り広げています(彼氏は迷惑そうです)。24は、プロのテロリストとテロ対策部隊の戦いを24時間かけて描いた、アクションサスペンスです。シーズン1では、アメリカの次期大統領候補が、国際暗殺テロにその命を狙われます。

私はもともとはまりやすい気質で、今まではまってきたものは数知れません。小学校では『らんま½』にはまり、家族でハワイ旅行へ行っても漫画ばかり読んでいました。中学校では母とw-inds.にはまり、テレビを見ては親子でキャーキャーわめいていました。高校では特に深入りはしないものの、気に入った漫画があれば必ず全巻買い揃えていました。気づけば私の漫画がクラスの男子に借りパクされていましいた。今年の夏には、映画公開と供に『DEATH NOTE』に彼氏と共にはまり、全巻を1日で読破しました。

そんな”The はまりやすい女”の私が、24を見てしまったからもう大変。今では一日中24のことばかり考えています。寝言でも「バウアー・・・」と呟いていたとの報告がありました(※ジャックバウアーとは、24の主人公の名前です)。

そろそろ、24のどこがそんなにおもしろいのか、と言われるかもしれません。私が考える24のおもしろさは

「たかが2,3時間の映画とは違って、内容がひたすら濃く、複線が絡まりまくっている。」

というところにあります。内容が濃い、というのは、普通のアクション映画を12倍に引き伸ばしていると考えれば想像がつくと思います。普通の映画では、大抵テロ(悪役)が何かヘマ、失敗をしでかすと、もうそれでおしまい、ヒーローの勝ち、という感じになると思いますが、24のテロはそうはいきません。「まだあんの!?」と言わしめんばかりの入念な計画ぶりで、ジャックバウアーがどんな手を打っても、かかんに反撃を仕返してきます。見ていてむずむずしますが、またそこがおもしろい。アクションやミステリーは、敵が強くなきゃおもしろくないのです。

あまり長くなってしまうともういいや~ってなってしまう方もいると思われるので、この辺で私の考えは終わりにしますが、ひとつ言えるのはまず第3巻まで見てみて!という事です。最初の1巻では本当になにがなんだかわからず(特に頭の弱いまぬぅは)、頬に「?」という記号がくっきりと浮かび続けていましたが、3巻ぐらいでようやく推理を出来るレベルまで達しました!!とにかく3巻までぶっ通しで見てください!!!

3巻までだと、45分×7話(1話45分、1巻に3話収録、2巻以降は2話づつ収録)で315分、たった5時間ちょっとやで。こんなもんは2日くらいでちゃっちゃと見れてまうので、あんたなんでもいいで見や~て!!絶対損はせんでいいて~!!!(`Д´)クワッ

取り乱して岐阜弁になってしまいましたが、とにかくおもしろいので見てみて下さい(。・ω・。)フゥ

今一番、おすすめの時間つぶし方法です。

| | コメント (2) | トラックバック (2)